• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 9.1新宿大会】9.18大阪大会、ぎゃらぱんvsルミナスはタイトルマッチに変更!

【プロレスリングWAVE 9.1新宿大会】9.18大阪大会、ぎゃらぱんvsルミナスはタイトルマッチに変更!

9.1新宿大会、メインイベントで行われるSAKI&清水ひかりvs桜花由美&YAKO戦を前に、wave認定タッグチャンピオンのSAKI&清水ひかり(galaxyPunch!=ぎゃらぱん)が「(今後)ぎゃらぱんで組むとき、タイトルマッチで」と提案。急遽、この試合がタイトルマッチに変更。

挑戦者・桜花由美&YAKO組は初タッグとは思えない動きを見せたが、桜花のビックブーツがYAKOに誤爆。ここからチャンピオン組が試合を優位に進め、最後はSAKIがカワイルド・ニードロップをYAKOに決めカウント3。ぎゃらぱんが2度目の防衛に成功した。

試合後、SAKIは「ぎゃらぱんvsルミナス。18日の大阪大会、チャンピオン権限でタイトルマッチです。防衛戦をさせていただきます!」とマイクアピール。挑戦する高瀬みゆき&梅崎遙(ルミナス)と握手をかわすと、広田が割って入る。

広田は「今年、秋の風物詩のDUAL SHOCK WAVE、wave誰もベルト持ってないから、やらなくていいと思うんだ。だから、みんな手を変え、品を変え、このベルト(WAVE認定タッグ)に挑戦していくっていうのはどう?」と提案。その意見に桜花社長も「いいね」と反応。

そして広田は「宮崎さん、満を持して北海道あたり、われわれ奇跡でひと暴れしませんか?やりましょう。時はきた!言いたいことはそれだけだ。」とプロレスファンにはお馴染みの橋本真也さんの名言を引用した。

果たして宮崎有妃&旧姓・広田さくら組は、2020年9月以来のWAVE認定タッグ王座戴冠となるのか?北海道大会は10.9札幌 シャトレーゼ・ガトーキングダムサッポロ、10.10旭川市・大成市民センターで行われる。

<インフォメーション>
9.17(土) POST DI AMISTAD(ディアナ道場)、9.18(日) 大阪176BOX大会が行われます。
詳細はプロレスリングWAVE Webサイトをご覧ください。

文/小宮登
編集/大楽 聡詞
写真提供/プロレスリングWAVE

関連記事