岸本隆一×鵤誠司 バスケットボールイベントで語ったお互いの印象とシューズへのこだわりとは?

今シーズンも激闘が繰り広げられ、宇都宮ブレックスのチャンピオンシップ制覇で幕を閉じたBリーグ2021−22シーズン。

激闘から約1ヶ月半の7月9日、東京・新宿にて「Alpen TOKYO×アンダーアーマー バスケットボールイベント 岸本隆一選手×鵤誠司選手 プレミアムセッション」が行われた。

今回、スペシャルゲストとして登壇したのは琉球ゴールデンキングスの岸本隆一と宇都宮ブレックスの鵤(いかるが)誠司。

シーズン中には見ることのできない両者の掛け合いや笑顔で、熱気と明るさに包まれた1時間となった。

リーグチャンピオンシップ以来の顔合わせ

本イベントには、事前申し込みをした20人と立ち見の観覧者が集まった。

参加者を間近に、トークショーを開催した

ゲストの2人は、5月28日・29日に東京体育館で行われた「Bリーグ B1 チャンピオンシップ 2021-22」のファイナルにて、直接コート上でも戦った。ただ、この日は終始笑顔を交えてお互いの印象などを語り合った。

本イベントのMCはDJケチャップ。東京オリンピックやプロ野球の実況・MCを務め、BリーグでもB3ベルテックス静岡でアリーナMCを担当している。

選手登場前の冒頭では、軽やかなジョークを交え「ここ笑うところですよ」とたびたびツッコミを入れるなど、和やかな雰囲気をつくった。両者が紹介されると、20人と思えないほどの大きな拍手で出迎えた。

まずは即席のフォトセッションが行われ、シャッター音を浴びる2人。セッションが終わるとそれぞれ挨拶。岸本は「今日のイベントが決まってから楽しみにしていました。

いい時間になったらと思いますのでよろしくお願いします」、鵤も「一緒に楽しみたいと思います」と語った。

関連記事