• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレスリング MAO(3)】ベルトの幅を広げる意味でも様々な挑戦者と戦いたい

【DDTプロレスリング MAO(3)】ベルトの幅を広げる意味でも様々な挑戦者と戦いたい

3.20両国大会で佐々木大輔・葛西純との3WAYマッチを制しDDT UNIVERSAL王座を獲得したMAO。3.27後楽園 初防衛戦でAEWのスーパースター中澤マイケルを下し、5.1横浜武道館大会にて挑戦者・朱崇花を相手に2度目の防衛戦を迎える。

<(2)はこちら>

――5.1横浜大会の挑戦者・朱崇花選手に対してどんな印象をお持ちですか?

MAO:朱崇花はDDTのリングに上がっていた時期がありタッグも組んでいました。共に宮城県出身で2015年8月デビュー。朱崇花はレスリングをベースに飛び技が得意。僕は柔道がベースで飛び技を使います。スタイル的に「組技+飛び技」と共通する部分が多い。

朱崇花

DDTでは僕と似たスタイルのレスラーが少ないですし、朱崇花の土台にある「女子プロレス」も体感してみたいですね。

【DDTプロレス 彰人】副社長とレスラー、2つの肩書き(前編)

――朱崇花選手が2019年7月に大田区で彰人選手と戦った『蛍光灯IPPONデスマッチ』が好きで定期的にレッスルユニバースで観るんです。それまで女子のリングの朱崇花選手しか知らず、「こんな戦いにも対応できるレスラーなんだ」と驚きました。

MAO:あの試合は間違いなく2019年DDTベストバウトでしょうね。朱崇花はDDTに上がってプロレスの幅が広がったし、その後ZERO1のリングでリベンジャーズの一員として活動し男子プロレスに順応している。そして男子に勝つ力も併せ持つ。だから「ただのミクスドマッチ」ではなく、対等な戦いだと思っています。

――ところで今回のDDT UNIVERSALタイトルマッチはハードコアではなく、通常ルールで行うのでしょうか?

MAO:記者会見で朱崇花から「ハードコアでやろう」と提案がありましたが、今回は丁寧にお断りしました。

関連記事