【プロレスリングWAVE 6.22蕨】ガトリング・ブロック公式戦 野崎渚 vs 優宇

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021。第4戦目となる6.22蕨大会は公式戦3試合が行われた。ガトリング・ブロックは野崎が3点でトップ、優宇が2点で追いかける。この日、野崎が勝てばブロック優勝となるが…

ガトリング・ブロック公式戦(15分1本勝負)
野崎渚(3点)vs 優宇(2点)

試合はロックアップからスタート。力では優宇に分がある。野崎をロープに押し込んでいく。優宇は旋回式サイドバスターからボディープレス、カウント2。野崎も三角絞めで優宇を捕らえ締め上げる。優宇は足を使いロープブレイク。

野崎はビールマンキック、フロントキックとつなげカウント2。そして優宇の身体をハーフハッチで投げる。野崎はスリーパー、優宇は野崎を背負ったまま立ち上がり後ろ受け身を取り脱出。

優宇は倒れた野崎にセントーン3連発、カウント2。優宇の逆水平チョップと野崎のブレイジングチョップ合戦。優宇は全体重をかけたキャノンボールを野崎に見舞う。

5分経過、優宇はコーナーからボディープレス、カウント2。すぐに野崎を肩羽締め。ぐったりする野崎、なんとか足を伸ばしロープブレイク。

関連記事