• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【天龍プロジェクト 拳剛】brotherの気持ちも背負って絶対にIJシングルのベルトを巻きます

【天龍プロジェクト 拳剛】brotherの気持ちも背負って絶対にIJシングルのベルトを巻きます

5.25新木場1stRING「天龍プロジェクトpresents『SURVIVE THE REVOLUTION  Vol.3』にて全8選手参加、IJシングル次期王者決定トーナメント一回戦4試合が行われた。拳剛(フリー)が“brother”YASSHI(ダブプロレス)を下し準決勝進出。

5.25新木場1stRINGのメインイベントは元VOODOO-MURDERS対決。これまでエキシビジョンマッチはあったが、初シングル。

序盤は、お互いの力を確かめ合う展開。ヒールらしからぬクリーンな展開が続く。拳剛がキーロックでYASSHIの腕を固めれば、逆にYASSHIは拳剛の左腕を攻めていく。

コーナーの拳剛にYASSHIが突進。拳剛が体をかわした瞬間、YASSHIがリング下に落下。ヒヤッとした瞬間だった。リング下のYASSHIを拳剛は追いかけ、休む間を与えず椅子で痛めつける。

リングに戻りYASSHIは天龍の目の前でWARスペシャルからジャックナイフ、拳剛を締め上げる。少しずつ自分のペースに持っていく“brother”YASSHI。

勝負とみるやYASSHIはツームストンパイルドライバーからダイビングヘッドバットを狙うが、拳剛に寸前のところでかわされる。

ここから流れは拳剛に。YASSHIの顔面へドロップキック、そしてSTF。なんとかロープエスケープのYASSHI、そこへ拳剛がトップロープからフットスタンプを放つが、YASSHIはスレスレのところでかわす。

今度はYASSHIがパワーボムからダイビングヘッドバッド!しかし拳剛はカウント2で返す。

関連記事