【ボッチャ・宮原陸人】競技を通じて伝えたいこと

令和に入り、各スポーツ界では若い力が台頭している。ゴルフ界では、日本人女子選手として樋口久子選手以来、42年ぶりの海外メジャー優勝を果たした20歳の渋野日向子選手。バスケ界ではNBAドラフトでワシントンウィザーズから、日本人初の一巡目指名を受けた、21歳・八村塁選手が一気にスター街道を駆け上がった。そして、その波はボッチャ界にも確実に押し寄せてきている。今回スポットを当てるのは、現在、東京パラリンピックに向けて急成長を遂げている17歳の宮原陸人選手だ。昨年12月に行われた「日本ボッチャ選手権大会(個人)」で3位に入賞すると、今年の「関東ボッチャ選手権大会(個人)」では準優勝、「東京ボッチャ選手権大会(個人)」でも優勝を果たすなど、約2年間で数々のタイトルを獲得している。そんな次世代のホープに、ボッチャの魅力や、競技を通じて伝えたいメッセージなどを語ってもらった。

――ボッチャを始めたきっかけを教えてください。

宮原中学3年生の時に、高校は普通校に通うか、特別支援学校に通うか迷っていました。その時、特別支援学校でボッチャの講習会があって、それに参加してみたら「車椅子の自分でも、楽しく運動ができるんだ」と感じることができたんです。そして同校にはボッチャ部があり、部員のみんなと「全国ボッチャ選抜甲子園で日本一になりたい」と思ったことが、競技を始める決め手となりました。 

それに加えて、昔から球技が好きだったのも理由の一つです。僕は読売ジャイアンツのファンで、坂本勇人選手や丸佳浩選手が好きなので野球も観ていますし、それ以外にもサッカーだったり、最近盛り上がったラグビーW杯も見ていましたから。 

――いろんなスポーツが好きなんですね! ボッチャには障害によってクラス分けがありますが、宮原選手のクラスは?

宮原僕は「BC4」クラスです。このクラスは、例えば自分もそうなんですけど、筋ジストロフィー(※骨格筋の壊死・再生を主病変とする遺伝性筋疾患の総称)などの重度四肢機能障害のある選手が行います。 

――実際にプレーしてみて、ボッチャはどんなところが魅力だなと感じましたか?

宮原一見シンプルなスポーツなんですけど、実は奥が深くて、色々な戦術や技を使ってミリ単位の細かい戦いが繰り広げられていたり、最後の最後まで何が起こるか分からないところが魅力だと思います。 

――戦術でいうと、ボッチャは攻め方で大きく分けて、パワータイプと戦略で攻めるタイプがあると思います。宮原選手はどちらですか?

宮原僕はどちらかというと「戦略タイプ」ですね。相手がボールをジャックボールの側に寄せたら、それをどう弾くかとか、ジャックボールを奥に押し込んで後ろのボールに寄せるとか。そういった戦術を考えることが好きなんです。家ではお父さんとも、つねに食卓で戦略について話し合っていますよ。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。