• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 10.24後楽園】GAMI「会社に内緒で10.24後楽園ホールを押さえている」急遽Regina挑戦者決定バトルロイヤルを開催!

【プロレスリングWAVE 10.24後楽園】GAMI「会社に内緒で10.24後楽園ホールを押さえている」急遽Regina挑戦者決定バトルロイヤルを開催!

10.24後楽園ホールで志田光の持つReginaにwave11.6後楽園大会で挑戦する為のバトルロイヤルを開催。この大会は時間差バトルロイヤルのみ。出場選手はwave選手他、出場したいと表明した選手による試合。優勝者が11.6後楽園大会で志田光とタイトルマッチを行う。

9.18 大阪大会後、DUAL SHOCK WAVE王者のSAKI&清水ひかり(ぎゃらぱん)がタイトルを防衛しマイクで締めているとWAVEの旧姓・広田さくら&宮崎有妃(奇跡)がリングイン。10.9札幌大会でのタイトルマッチが決定!その後、10.10旭川大会で桜花由美社長と狐伯がぎゃらぱんと戦うことが決まった。※10.9札幌大会でSAKI&清水組が防衛した場合はタイトルマッチに。

9.18大阪wave 衝撃のエンディング!

するとBGMが流れ、AEW・魔界所属で現在レジーナ王者の志田光登場し11.6後楽園の対戦相手に宮崎を指名。しかし指名された宮崎が拒否!

そこで世羅りさが「私が挑戦します」と代打宣言。志田はそれを遮り「挑戦者決定トーナメント」を提案。だがGAMIさんは「挑戦者決定トーナメントはしない」旨を告げた。そして次の瞬間、会場内が凍りつく。

「会社にも内緒で10.24後楽園ホールを押さえている」と発言!

2022年、WAVEは後楽園大会を3度開催。5.5『CATCH THE WAVE 2022~開幕戦~』、7.17『CATCH THE WAVE 2022~決勝戦~』、そして11.6『Let’s enjoy!!』では、レジーナ王者の志田光のタイトル戦が予定されている。その13日前に桜花社長にも内緒で後楽園ホールを押さえていた。

「何やってんの?」とリング下から怒りを露わにした桜花社長。

ちなみに10月24日は世間的には給料日前の月曜日。1ヶ月で最もお客さんが集まりにくい日である。GAMIさんに詰め寄る桜花社長を”スーパースター”志田光が間に入りなだめる。

GAMIさんの提案により10.24後楽園は『Survival Dance〜#レジーナチャレンジ〜』と題し、志田光の持つレジーナに11.6後楽園大会で挑戦するための時間差バトルロイヤルを開催。出場希望選手はTwitterにて募集中。また今回特例として「フリー選手」の参加も認められた。

なお、このバトルロイヤルに海外から参戦も可能だが、交通費は自己負担となる。

<インフォメーション>
10.24(月) 後楽園ホール『Survival Dance〜#レジーナチャレンジ〜』が行われます。
詳細はプロレスリングWAVE Webサイトをご覧ください。

文/小宮登
編集/大楽 聡詞
写真提供/プロレスリングWAVE

関連記事