• HOME
  • 記事
  • 野球
  • G.G.佐藤 ”1日契約”で引退試合開催!3安打猛打賞の大活躍と伝えたメッセージ「諦めることなくチャレンジを」(前編)

G.G.佐藤 ”1日契約”で引退試合開催!3安打猛打賞の大活躍と伝えたメッセージ「諦めることなくチャレンジを」(前編)

4月29日、BCリーグ公式戦「埼玉武蔵ヒートベアーズ vs 神奈川フューチャードリームス」が千葉県浦安市の浦安市運動公園野球場で行われた。この試合ではかつて西武・ロッテで活躍したG.G.佐藤が”引退試合”として、埼玉の選手として1日契約で現役復帰。当時と変わらぬ豪快なバッティングで雨の中駆けつけたファンを沸かせた。今回はG.G.佐藤引退試合のドキュメントに迫った。

8年越しの引退試合が実現

会場となったのは、G.G.佐藤の地元である千葉県(市川市出身)の浦安市運動公園野球場。同県でBCリーグの公式戦が行われるのは史上初。

また、自身が取締役副社長を務める株式会社トラバース(市川市)が冠スポンサーとなり、県内初の公式戦開催をさらに盛り上げた。

G.G.佐藤はこの日埼玉と”1日契約”を結び、2014年の引退以来8年ぶりにユニフォームへ袖を通した。14年にロッテから戦力外通告を受け引退を決断してからはセレモニーなど行われることはなかった。

今回、8年を経て引退試合が実現した経緯について埼玉の角晃多監督はこう説明した。

ロッテ「まず、多岐にわたりBCリーグを広めたいという想いがあります。G.G.佐藤さんには昨年我々の始球式に来ていただきまして、そこから『来年も何かしよう』と話し合いをしていました。そんな中で、(現在BCリーグの球団がない)千葉県でBCリーグを知ってもらえる機会をつくりたいということで今回ご尽力いただきました」

試合前のトークショーで登壇したG.G.佐藤と角監督

関連記事