【イースタン・リーグ ロッテ vs 楽天 5回戦】

<ロッテ4-3楽天>◇1日◇成田ナスパ・スタジアム

ロッテは首位・楽天との対戦。千葉ロッテマリーンズが社会貢献活動の一環として、イースタンリーグ公式戦を千葉県内各地の球場で行っている。この日は2019年以来、3年振りの活動。「成田スカイシリーズ」と題し、成田ナスパ・スタジアムでの一戦。注目すべき点は、有観客開催。
前回2019年の開催時は、ロッテに移籍し1年目で育成選手登録だった茶谷がサヨナラ適時二塁打を放ち勝利を収めている。

両チームのスターティングメンバー。

【楽天】

1(右)武藤、2(指)和田恋(わだ・れん)、3(左)釜元、4(三)横尾、5(二)マーキ、6(一)安田、7(捕)堀内、8(中)前田、9(遊)吉持。先発は引地(ひきじ)。

【ロッテ】

1(遊)平沢、2(指)田村、3(二)西巻、4(一)安田、5(右)茶谷、6(三)  池田、7(捕)加藤、8(左)谷川、9(中)ペラルタ。先発は土肥。

ロッテの先発は土肥。前回・前々回と6イニング前後を投げるも敗戦投手となり、いまだファームで勝ち星がついていない。

立ち上がり楽天の攻撃、先頭の武藤に安打を許すも続く和田恋を併殺に打ち取る。しかし釜元に四球と、初回から走者を出してしまう。しかし盗塁を試みた釜元を捕手・加藤の強肩が阻止。初回を無失点で切り抜ける。

楽天の先発は引地。前回の登板では勝利を収めており、この勢いを維持したい。先頭のロッテ・平沢を三振にするも、続く田村、西巻と連続四球。だがその後安田、茶谷と抑えられ、1回は両チーム無得点となる。

関連記事