• HOME
  • 記事
  • スペシャリスト
  • スキージャンプの西方仁也(リレハンメル五輪銀メダリスト)の知られざる長野五輪 映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』絶賛上映中

スキージャンプの西方仁也(リレハンメル五輪銀メダリスト)の知られざる長野五輪 映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』絶賛上映中

1998 年に行われた長野五輪スキージャンプ団体で、日本代表の金メダル獲得を影で支えたテストジャンパーの活躍を描いた映画、「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」が絶賛公開中だ。リレハンメル五輪ジャンプ団体の銀メダルを獲得したものの、4年後の長野五輪では代表を逃し、テストジャンパーとして大会に参加することとなった西方仁也さんのエピソードを描いた今作。西方さんに当時の想いや、作品の感想をお伺いした。

「個人種目でミスをしてしまったんですよ。2本目で少し力が入り、ジャンプのタイミングが早くなってしまって…。もし、次の五輪に出られていたら、改善が出来ていたと思うのですが…」。

個人種目ではいずれも8位に入賞。「欲を抑えてチームプレーに徹した」という団体戦では銀メダルを獲得したリレハンメル五輪を、西方さんは次のように振り返る。

団体戦では、「1本目で理想的な順位につけ、2本目では思い描いたジャンプが出来た」と語る西方さんをはじめ、岡部(孝信)選手、葛西(紀明)選手も、安定したジャンプを披露した日本チームは、後続を大きくリード。金メダル獲得が目前に迫るなか、最終滑走者の原田雅彦選手が登場した。

「原田くんが普通に飛べば、金メダルが取れると思っていました。でもこの年の原田くんは、ワールドカップで好成績を収める一方で、2桁順位の試合もあって…。調子の波が激しかったんですよ。『もし、金メダルを逃したら、大変なことになるだろうな…』と、

思って見ていたら、不安は的中してしまって…」。

まさかの逆転を許した日本代表。“失速ジャンプ”を披露した原田さんは、その後にさまざまな誹謗中傷も経験したという。

「団体競技なので、誰かが足を引っ張ると言うこともある。なので、前もって「誰かが失敗しても恨まない」とみんなで約束していたんです。だから試合後も『2番でもいいじゃん。次の長野で頑張ろう』と話していたんですけど…。今でこそ、失敗について答える原田くんの姿を見ると、『慣れたもんだな』と思うんですけど、当時は、同じメンバーの僕らでさえも、声をかけるのが辛かったですね」と、苦しい状況に置かれた原田さんの状況を次のように振り返る。

関連記事