【プロレスリングWAVE 7・2大阪】大会直前情報!

現在WAVEは7.17後楽園のCATCH THE WAVE 2022決勝戦に向け、2ブロック8選手で決勝リーグ戦(7.1新宿、7.2大阪、7.3名古屋)が開催中。

7.1新宿大会の模様は以下のとおり。

■CATCH THE WAVE 2022決勝リーグ戦〜Bブロック(15分1本勝負)
○梅咲遥<1勝=2点>(10分48秒、ラ・マヒストラル)鈴季すず●<1敗=0点>

デビュー時期がほぼ同じ梅咲(2019年3月デビュー)と鈴季(2018年12月デビュー)の対戦は梅咲に軍配。

■CATCH THE WAVE 2022決勝リーグ戦〜Aブロック(15分1本勝負)
○SAKI<1勝=2点>(5分19秒、ランニング・ブレーンバスター→片エビ固め)米山香織●<1敗=0点>

カラーズのリーダーSAKIが勝利したことでAブロックの決勝進出者が決まる7.3名古屋での野崎戦が俄然楽しみになった。

■CATCH THE WAVE 2022決勝リーグ戦〜Bブロック(15分1本勝負)
○青木いつ希<1勝=2点>(12分0秒、フロッグスプラッシュ→片エビ固め)清水ひかり●<1敗=0点>

CATCH THE WAVE 2022に並々ならぬ決意で臨む青木は清水に勝利。

■CATCH THE WAVE 2022決勝リーグ戦〜Aブロック(15分1本勝負)
○世羅りさ<1勝=2点>(12分49秒、羅紗鋏→片エビ固め)野崎渚●<1敗=0点>

レジーナ王者の野崎が世羅から痛い黒星。唯一獲得していない「波女」の称号を手にするべく大阪・名古屋での巻き返しを期待したい。

関連記事